塗 り 替 え の 時 期

【建築物の保護】
建築物の外壁や屋根は、紫外線や雨、風、排気ガス、カビや藻などにさらされているため腐食や劣化が促進され建築物の寿命が短くなってしまいます。このような劣化を可能な限り防止するのが塗料の役割ですが、塗膜も日々劣化してしまいます。塗膜が劣化したままでは、建築物の保護を果たせなくなるため、塗り替えが必要になります。

【美観の向上】
塗料の色、光沢、装飾などが、建築物のイメージを変えます。そして快適な生活をおくることができるのではないでしょうか。

【特殊機能の追加】
超低汚染型塗料や抗菌性、防カビ、防藻、有害物質の低減(ホルムアルデヒド)。
遮熱などの特殊機能をもった塗料を塗ることにより、快適な生活の手助けができます。

こんな症状がでていたら
直ぐにご相談下さい。

【塗膜のひび割れ・亀裂】
  • ひび割
  • 塗膜の剥がれ

表面のひび割れから雨水がしみこんで内部が腐食してしまいます。カビやダニが発生する原因にもなってしまいます。
モルタルの割れ目から中の木部まで雨水が浸透すると、家屋自体の耐久性に影響を及ぼします。

【カビや藻の発生】
  • 屋根の退色、剥がれ
  • カビや藻の発生

日当たりの悪い箇所や湿気が溜まりやすいところでは、塗膜が劣化すると防水機能が低下するため、藻やカビが発生してしまいます。保護機能だけにとどまらず、見た目の美しさもとても劣化します。

【チョーキング現象】
  • チョーキング
  • 指で触ると塗料の
  • 粉が付く

塗装の色が落ち、壁を触るとチョークのような白い粉がつく状態をチョーキングといいます。
塗装が劣化してしまい、外壁を保護する役割を果たすことができない状態になっています。

【塗膜のふくれ・剥がれ】

塗膜の表面がふくれたりしていると、いずれ塗膜が剥がれ、そこから雨水が浸透し、剥がれの部分を大きく拡げてしまうことがあります。塗膜が剥がれた部分から内部に雨水が浸透する可能性があります。

【その他】
  • 木部剥がれ
  • ベランダ防水のはがれ、割れ
  • サイデイング壁つなぎ目、シーリングの劣化、割れ、壁の退色
  • トタン屋根、トタン壁のサビ

外壁、屋根塗装の目的

■防水性を甦らせ、家の健康を回復する

防水性の低下は外壁や屋根の傷みの原因となります。
いい加減な塗装では性能を回復してもすぐにまた傷んでしまいます。

低下した強度を回復し、雨風に強い家に

ヒビや剥がれを修繕すると同時に、補強をする効果もあります。
塗装工事を行う場合、下地処理という工程も同時に行うため、強度がアップし、雨風に強くなります。

かけがえのない「わが家」を美しく彩る

塗装をする事によって住まいの印象が劇的に変わるのが「外観」です。
「自分だけのわが家」を作りあげるために、経験豊富な職人がご提案をさせて頂きます。

■塗り替え時期の目安 外壁の場合

アクリル樹脂塗料    4~6年
ウレタン樹脂塗料    8~10年
シリコン樹脂塗料    8~10年
フッ素樹脂塗料     13~15年

外 壁 塗 装 の カ ラ ー

実際に外壁塗装を行う際の塗装カラーについて考えてみたいと思います。傷みを補強したり、材を保護したりといった実用面も大切ですが、折角塗装するからには色合い・デザイン性にもこだわりたいところですよね?

サンプルと現実では印象が違う?

外壁塗装をする場合に気をつけておきたいことは、カラーサンプルと実際の壁では印象がだいぶ異なるということでしょう。
サンプルを見て「キレイだな」と思った色でも、実際に外壁として塗ってみるとイメージと異なることもあるんです。

色は面積によって
明るさが違って見えるんです!

色によって「その色で塗られている面積が変わるのに伴って、明るく見えたり暗く見えたりする」という現象が起こります。

具体的な変化としては、明るい色だと面積が広くなるにつれて、より明るく見えるんですね。逆に暗い色の場合、面積が大きくなるにつれて、より暗く見えます。簡単にいうと”面積が大きくなれば、色の持っている明度が強調される”ということでしょう。
この点で考えてみると「カラーのサンプルとして出てくるカードや板」と「家の外壁」では面積の差が相当なものになりますよね?

であれば、実際に塗装カラーとして壁に塗った場合「サンプルを見て、だいたいこんな明るさだろう」と予想していた明るさとは全く違った見え方をすることになります。
対処法としては、サンプル板を大きめに造ってもらい、その上で判断すること。そして、明るい色の場合には希望色よりもワントーン暗めに塗ってもらう(暗い色の場合は、その反対)ということが挙げられるでしょう。

ちなみに、面積によって色の明るさが違って見えることを面積効果と呼んでいます。

隣接する色によって見え方が変わります。

A.彩度対比 

塗装カラーにも、鮮やかな色とくすんだ色があります。これは例えば「明るいイメージのスカイブルー」と「灰色がかったブルーグー」なら、同じ青でも鮮やかさが異なる、ということ。
ただ、この”鮮やかorくすんでいる”という見え方が、隣接する色によって違って見えてしまうんですね。どんな色にしても、隣に鮮やかな色を置くと少しくすんで見えますし、逆にくすんだ色と隣り合えば実際よりも鮮やかに見えます。

B.明度対比

明るさでも同じことが起こります。暗い色と隣接した色は実際よりも明るく見えますし、逆に明るい色と隣接すれば実際より暗く見えるわけですね。