火災保険を使った賢いリフォーム術

マイホームをお持ちの方が一度は考えられる住宅リフォーム。建物は築10年、15年を過ぎたところで劣化や破損が見られ、少しずつ気になる点が出てきます。しかしリフォームは何をするにもお金がかかるもの…そんな費用を保険で安くできたら嬉しいと思いませんか?

火災保険を利用したリフォーム例

リフォーム前に火災保険のことを知って申請した結果、瓦の割れと破損した雨樋に保険が適用されることになりました。保険金が下りたことにより何とリフォーム費用の半額が浮き、このまま安価で修繕するのもよし、他の箇所のリフォームを追加するのもよしでAさんのリフォームは大きく幅が広がったのです。

火災保険で申請できる代表的な修理の例

経年劣化の場合は火災保険が効きませんが、一度現状確認させてください。
素人目にみて「これは経年劣化だな」と勝手に思い込んで、風災補償で保険申請することを選択肢から外されている方に損してると感じています。あきらめずに無料工事で頑張りましょう!

保証対象災害

火災保険の補償対象になるのは、火災、落雷、台風や竜巻、雪、雹(ひょう)、水災、物体の落下・飛来、破裂、爆発、豪雨、砂が原因で、損壊・破損した住宅の修理工事を実施する場合です。

火災保険の注意点・良い所

気をつけた頂きたいのは火災保険は自然な劣化である経年劣化には適用されないということです。保険が下りた損害をそのままにして雨漏りなどが始まってしまった場合は経年劣化と判断され、その後は補償の適用外となります。ですので、優先順位はあるとは思いますが火災保険が下りた箇所は早めに修繕をしておく必要があります。

※建物の損害を放置すると雨漏りや耐久性の低下などの二次被害に陥ります。出来るだけ早めの修理を心がけましょう。

更に火災保険には申請をしても保険料が上がらず、申請した結果保険が下りなくてもペナルティーもないという強いメリットがあります。リフォームと一緒に火災保険の申請も行う、これが賢いリフォーム術なのです。

火災保険の申請流れ

STEP1:保険会社もしくは保険代理店に問い合わせをする
STEP2:被災内容を伝える
STEP3:保険申請の書類を入手する
STEP4:リフォームレスキュー隊で「修理見積もり書」と「被災写真」を制作し、お渡しします
STEP5:保険鑑定を受ける
STEP6:保険金の確定と入金

※保険会社により必要申請書類や手続きの手順が異なる場合がございます。

簡単!火災保険を用いた修理工事の申請方法

必要書類は合計4枚
被保険者が用意するのはたったの2枚

この2枚に加えて「修理見積もり書」「被害写真」が必要です。これらは私たちリフォームレスキュー隊がご用意します。いずれも誰もが簡単に記入ができる書類です。素人では難しく専門的なものとして話を膨らませる人がいれば、それは間違いです。

この書式は某大手保険会社の火災保険申請用の書類です。「保険金請求書」「事故状況説明書」です。施主様が記入する用紙はこのたったの“2枚”です。

火災保険は被保険者自身が申請する

不具合が発生した屋根は一刻も早く修理しなければなりません。
施主様は申請希望額に近い修理費用をすぐに保険会社から支払われることを望まれているはずです。
その一番の近道は「保険契約者が保険会社に連絡して自ら申請をおこなうこと」です。
そして「なるべく早く申請をおこなう」ことです。申請から2週間で修理費用が入金された方もいます。

損害事故修理・損害保険修理等も行ってます。

修理作業までの流れ

事故が起きてしまった際、各種保険への加入状況によって、修理手続などが異なります。

※1 損害金支払い先を当店の口座にご指定お願いします。(火災保険修理の場合は状況が変わりますので別途ご説明します。)
※2 見積りのみ、または見積金額相当の修理/交換工事を行われない場合、手数料としてお客様よりおご請求する場合ございます。(令和3年5月21日以降対象)